回復量の計算



回復量とは

シノアリスでの回復量は以下のように表される。

つまり、
(全体の回復量) = 基本回復量 * 補助倍率
である。

基本回復量と補助倍率

基本回復量はジョブやナイトメア使用など外的要因に依存しない素の回復量を指し、補助倍率はそれらに依存する倍率を指す。たとえば、ジョブをクレリックにしている状態で祈祷武器を使ったとする。クレリックの得意武器は祈祷であるため、補助倍率が回復量に加わる。仮に補助倍率が1.5だとすると、基本回復量 に 1.5 を掛けたものが全体の回復量になる。それに対して、ミンストレルやソーサラーの場合は得意武器が異なるため、補助倍率が加わらない。つまり、基本回復量のみが該当武器の回復量になる。数式で表すと、基本回復量 * 1.0 と表せる(1.0は補助倍率が乗らないときの倍率)。つまり、変化はない。

基本回復量

では、基本回復量とはどのようなものか。

基本回復量とは、
(基本回復量) = 総合防御力 * 武器の効果倍率 * 回復定数
と表せる回復量のことである。

総合防御力とは、物理防御力 と 魔法防御力の合計を示す。ただし、物理攻撃力や魔法攻撃力といった攻撃力に関わるもの、防御バフや防御デバフなどは回復量に関係しない。あくまでも素のステータスの総合防御力が回復量に関係する。武器の効果倍率とは、武器のスキル倍率とスキルレベルの倍率を掛け合わせたものである。スキル倍率は武器ごとに変わり、一定の値が与えられている。また、スキルレベルは該当のスキルレベル倍率である。つまり、スキルレベルによって倍率が変化していく。最後に、回復定数は回復量に関わる定数を指す。人によって定義が異なって混乱しやすいが、解説動画では0.075とあったので、それを尊重し0.075とする(解説動画)。

したがって、正確には
(基本回復量) = (物理防御力 + 魔法防御力) * (スキル倍率 * スキルレベル) * 回復定数( = 0.075)
と表せる。ただし、多少の誤差はあるので、近似値として考えたほうがいいだろう。

武器の効果倍率

ここで、回復定数を0.075として考える場合、武器の効果倍率は実用性を考えて、2体確定回復と単体特大の倍率を覚えておけば問題はない。したがって、2体確定回復のスキルは恵みの福音3なので1.5、単体特大は癒しの光5なので、2.0の倍率になる。これらを使って計算していけばいいことになる。

スキルレベル倍率

スキルレベルの倍率はスキルレベル(以下、Slvとする)が1上昇するにつれて、3%ずつ上昇することになる。つまり、Slv倍率 = (Slv – 1 ) * 0.03 になる。たとえば、Slvが3であれば6%上がり、0.06になる。または、Slvが15、20のとき、3%、5%の倍率がプラスされる。これらをまとめると、以下のようになる。

スキルレベル倍率 = 0.03 * n +α
(ただし、
n = Slv – 1 。
Slv =15のとき、α=0.03
Slv =20のとき、α=0.05。
Slv =15またはSlv =20以外のとき、α = 0)

(例1)Slv=15のとき、スキルレベル倍率 = 0.03 * (15 – 1 ) + 0.03 = 0.42 + 0.03 = 0.45

(例2)Slv=20のとき、スキルレベル倍率 = 0.03 * (20 – 1 ) + 0.05 = 0.60 + 0.05 = 0.65

(例3)Slv=10のとき、スキルレベル倍率 = 0.03 * (10 – 1 ) = 0.27

このようにして、基本回復量は計算される。

補助倍率

補助倍率の説明にうつる。しかし、この倍率はその時の状況によって変わることがあることをあらかじめ書いておく。これはジョブが変わったり、ナイトメアを使用することで変動するためである。もちろん、補助支援の倍率は参考になるとは思うが、それでもあまり重要視しないほうがいいだろう。したがって、ここでは簡単に付記という形で書いておく。

補助倍率は以下のように表せる。

(補助倍率) = (ジョブ補正倍率 + 防具スキルレベル倍率 ) * ナイトメア使用倍率

以上で回復量の計算の説明を終える。

演習問題と回答

計算に慣れるために演習問題を。
(基本回復量) = 総合防御力 * 武器の効果倍率 * 回復定数(n = 0.075)
(補助倍率) = (ジョブ補正倍率 + 防具スキルレベル倍率 ) * ナイトメア使用倍率
とする。

演習問題

1. 以下の時の回復量を求めよ。
ジョブ=クレリック
ジョブ補正倍率 = 1.1
ナイトメア = 未使用
防具 = 祈祷防具なし
物理防御力=52737
魔法防御力=49895
使用武器 = 単体特大
武器のスキルレベル=20

2.以下の時の回復量を求めよ。
ジョブ=クレリック
ジョブ補正倍率 = 1.1
ナイトメア = 未使用
防具 = 祈祷防具なし
物理防御力=52737
魔法防御力=49895
使用武器 = 2体確定
武器のスキルレベル=20

3. 以下の時の回復量を求めよ。
ジョブ=ミンストレル
ジョブ補正倍率 = なし
ナイトメア = 未使用
防具 = 祈祷防具なし
物理防御力=52737
魔法防御力=49895
使用武器 = 単体特大
武器のスキルレベル=20

4.以下の時の回復量を求めよ。
ジョブ=ミンストレル
ジョブ補正倍率 = なし
ナイトメア = 未使用
防具 = 祈祷防具なし
物理防御力=52737
魔法防御力=49895
使用武器 = 2体確定
武器のスキルレベル=20

演習問題の回答

1.27941
①総合防御力 = 物理防御力 + 魔法防御力 = 52737 + 49895 = 102632
②武器の効果倍率 = 単体特大のスキル倍率 * スキルレベル = 2 * 1.65 = 3.3
なので、
基本回復量 = 102632 * 3.3 * 0.075 = 25401.42 である。

また、③補正倍率 = (ジョブ補正倍率 + 防具スキルレベル倍率 ) * ナイトメア使用倍率 = ( 1.1 + 0 ) * 1.0 = 1.1
なので、
回復量 = 25401.42 * 1.1 ≒ 27941

2.20956
①総合防御力 = 物理防御力 + 魔法防御力 = 52737 + 49895 = 102632
②武器の効果倍率 = 2体確定のスキル倍率 * スキルレベル = 1.5 * 1.65 = 2.475
なので、
基本回復量 = 102632 * 2.475 * 0.075 = 19051.065 である。

また、③補正倍率 = (ジョブ補正倍率 + 防具スキルレベル倍率 ) * ナイトメア使用倍率 = ( 1.1 + 0 ) * 1.0 = 1.1
なので、
回復量 = 19051.065 * 1.1 ≒ 20956

3.25401
①総合防御力 = 物理防御力 + 魔法防御力 = 52737 + 49895 = 102632
②武器の効果倍率 = 単体特大のスキル倍率 * スキルレベル = 2 * 1.65 = 3.3
なので、
基本回復量 = 102632 * 3.3 * 0.075 = 25401.42 である。
補助倍率はないので、回復量 = 基本回復量 * 補助倍率 = 25401.42 * 1.0≒ 25401

4.19051
①総合防御力 = 物理防御力 + 魔法防御力 = 52737 + 49895 = 102632
②武器の効果倍率 = 2体確定のスキル倍率 * スキルレベル = 1.5 * 1.65 = 2.475
なので、
基本回復量 = 102632 * 2.475 * 0.075 = 19051.065 である。
補正倍率はないので、回復量 = 基本回復量 * 補助倍率 = 19051.065 * 1.0≒ 19051



コロシアム画面の見方(完全網羅のつもり)



はじめに

簡単にではあるが、以下にコロシアム画面での確認方法をざっと記載。
あまりに明らかな場合のものは除いているが、基本的なことは完全に網羅できたかと思われる。

1.初期画面

 

前衛の並び方を確認(画面左半分、または、右半分)

コロシアムで表示されている前衛は、総合値の高い順に並んでいる。味方の順番は、A,B,C,D,Eの順であり(左半分)、敵の場合も同様にA’,B’,C’,D’,E’の順で並んでいる(右半分)。

味方or敵のステータス確認(①または②)

味方のステータスを確認したい場合は画面①をタップする。敵のステータスの場合は、画面②をタップする。

味方のチャットを確認(画面③。画面左下)

コロシアムで流れる味方のチャットは、画面③にタップすることで確認できる。

オートモードにする(画面④。画面右下)

何らかの事情で操作をオートにしたい場合は、画面④にタップすることで確認できる。

その他(画面⑤。画面右下)

ホーム画面、メンバーに通知、前衛後衛チェンジ、バトルログ、装備セット変更をしたい場合は、画面⑤をタップする。

2.ステータス画面(共通)

ステータスを確認(画面①or画面②)

前衛のステータスを確認する場合は画面①をタップする。後衛の場合は画面②をタップする。

ステータスの見方(画面③から画面⑧)

味方のステータスの確認は以下のようになる。

  • HPの確認 = 画面③
  • SPの確認 = 画面④
  • 物理攻撃力の確認 = 画面⑤
  • 魔法攻撃力の確認 = 画面⑥
  • 物理防御力の確認 = 画面⑦
  • 魔法防御力の確認 = 画面⑧

3.メニューボタン

ホーム画面に戻る(画面①)

ホーム画面に戻りたい場合は、画面①をタップする。なお、コロシアムにフル参加しなくても、この画面に行くだけでコロシアム参加報酬はもらえる。

メンバーに通知したい(画面②)

まだコロシアムにログインしていないメンバーにアプリ通知を使って呼び出したい場合は、画面②をタップする。効果はあまりないように思われるが、どうだろうか・・・。

前衛と後衛を交代(画面③)

魔書神魔や楽器神魔など取られたり、また、他の目的などで前衛と後衛を入れ替えたい場合は、画面③をタップする。

バトルログを確認(画面④)

コロシアム中にバトルログを確認したい場合は、画面④をタップする。デザインは上の画像の通りになるが、表示されている内容はコロシアム後のバトルログと同じである。

メインまたはサブの装備セットを変更(画面⑤)

あらかじめメインやサブで準備していた装備セットを変更したい場合は、画面⑤をタップする。なお、この操作はコロシアム開始3分前から可能になる。



回復量と防御力の相関関係のグラフ



シノアリスで使われている回復量と防御力の相関関係をグラフにしてみた。

※スマホの場合は横向きにするor拡大推奨。

回復量は一般的には
(回復量の計算式 )= (物理防御力 + 魔法防御力) * (武器のスキル倍率 * 武器のスキルレベル ) * (回復定数) と表せるが(= 情報ソース)、グラフを見てるとそこまで回復量に大きな影響を与えていないように思える。ただし、2体確定回復の総合的な回復量と単体特大の回復量はやはり差が出ている。しかし、コロシアムでは立ち回りがモノをいうので、手持ちの武器とスキレベをバランスよく組み込んでいきたいところ。

 

 



ニーアコラボで流れる曲



シノアリスとニーアオートマタのコラボで出てくる曲を一覧に掲載。

・顕現シタ異物
→道中のストーリーで流れてくる。

・イニシエノウタ贖罪
→EX1で流れる

・美シキ歌
→ボーヴォワール戦で流れる。

・崩壊ノ虚妄
→ストーリー選択画面で流れる。

・エミール,絶望
→エミール討伐で流れてる

サントラ↓
曲単品でも買える。



一番鍛えたいジョブ



コロシアムで一番鍛えたいジョブを教えてください。
(自分の担当ジョブ以外でもOK)
回答期限:2018/8/31

一番鍛えたいジョブを教えてください。
  • ミンストレル 27%, 35
    35 27%
    すべての投票のうち35 票
  • ソーサラー 16%, 21
    21 16%
    すべての投票のうち21 票
  • クラッシャー 14%, 18
    18 14%
    すべての投票のうち18 票
  • メイジ(魔具ファイター) 13%, 17
    17 13%
    すべての投票のうち17 票
  • クレリック 13%, 17
    17 13%
    すべての投票のうち17 票
  • パラディン 7%, 9
    9 7%
    すべての投票のうち9 票
  • ガンナー 6%, 8
    8 6%
    すべての投票のうち8 票
  • ブレイカー 4%, 5
    5 4%
    すべての投票のうち5 票
全投票数: 130
2018年8月11日 - 2018年8月31日
投票は締め切られました。



シノアリスの用語集



シノアリスをやっている人の間で使われている言葉を掲載。

言葉意味備考
ギルマスギルドマスターの人
サブマスサブマスターの人
ギルメン ギルドに所属しているメンバー
バフ味方の攻撃力や防御力をあげること。なぜか公式ではこの意味が当たり前だと思われているためか、説明が省かれている(2018年8月現在)
デバフ敵の攻撃力や防御力をさげること。なぜか公式ではこの意味が当たり前だと思われているためか、説明が省かれている(2018年8月現在)。
物理打撃、刀剣の装備
魔法槍、弓の装備
魔書のこと。ソーサラーの人が使う武器は、主に本や巻物をモチーフとしたものが多い。そのため、扱う武器を魔書という正式名称ではなく、本と呼ぶ人がいる。
本屋コロシアムでソーサラーを担当する人のこと。
杖屋コロシアムでクレリックを担当する人のこと。
楽器屋、演奏家コロシアムでミンストレルを担当する人のこと。また、楽器を琴と呼ぶ人もいる。
ソロプレイ一人でモノガタリや討伐を進めていくこと。共闘設定で選択できるフレンドを固定メンバーにして、ゲームを進行すること(ただし、フレンドが共闘できた場合は除く)。
スプシGoogleスプレッドシートの略称。外部ツールを使っている人によく好まれる。
スイッチコロシアム中に前衛と後衛を入れ替えること。神魔の威力は通常時の倍以上の効果があるため、それをさけるために前衛後衛を交代する場合がある。
メアナイトメアのこと
メア担当コロシアムのときにナイトメアを使う担当の人。戦況を左右することがあるため、コロシアム前には必ず確認しておくこと。
ババナイトメアのバーバリアンのこと。主に戦況が劣勢の時によく使われる(逆転目的のため)。
ババスコナイトメアのバーバリアン使用中に「暴力の意思」(=打撃武器)を使うこと。
リコネスコップナイトメアのリコネ使用中に「暴力の意思」(=打撃武器)を使うこと。
隠居コロシアムの活動を抑えて、ゲームの活動範囲を制限すること。定義は定まっていないが、グランコロシアムだけ参加する人もいる
ヒーラー、ヒラクレリック担当の人
就職活動ギルド募集すること。
傭兵、派遣期間限定でギルドにいる人。
染め、寄せ①特定の装備で埋めること。
②特定の属性で埋めること。
③コロシアムの前衛5人を特定のジョブに揃えること。
①の用例:楽器染め、楽器寄せ。
②の用例:風染め、風寄せ
③の用例:物理寄せ、物理染め。魔寄せ、魔染め。
昼コロ12:30-12:50の時間帯でコロシアムすること。
朝コロ8:00-8:20の時間帯でコロシアムすること。
囲い特定人物の支持者。また、その擁護者。
戦略家、軍師攻撃やナイトメアの指示を出す人。
コンボ剣水禍の剣、探求の大剣、束縛のカイナのこと。この武器を使用することによって、コンボが+5される。詳細はコンボ武器一覧
コンボ弓天荒の狼弓、依存の弓のこと。この武器を使用することによって、コンボが+5される。詳細はコンボ武器一覧
人権誰にでも与えらえる権利のこと。シノアリスでの使い方はまだ不明。
人権武器担当のジョブをするにあたって、最低限必要とされている武器。
神魔読み方は、しんま。iPhoneの変換では「かみま」と読む
神引きガチャを10連したとき、SS武器を2個以上引くこと。
凸する武器を限界突破すること
n凸武器をn回限界突破すること。 なお、nの最大は4。
ハフメアハーフナイトメアのこと
1k1000のこと。総合値募集のときによく使われる。
1M100万のこと。総合値や貢献度によく使われる。
イノチ調整コロシアムで獲得するイノチを抑えること。翌日のコロシアムで、強い相手と当たらないために利用される。
素殴り単体または複数の相手に画面をスワイプして、コンボを稼ぐこと。
シールドブレイク主に素殴りを利用して、シップ行き後にかかっている、敵前衛のシールドを破壊すること。基本的に、敵前衛5人にスワイプすることで破壊を行う。
総合値詐称コロシアムの総合値を偽って意図的に低くすること。特に対戦相手が戦力を見誤ることを目的として使われる。以前は、総合値によるマッチングが行われるという考えを元に使われていたが、これについては対策されている(前田Pツイッターより)。
バニラ特殊な効果(バフ、デバフなど)を持っていないもの。
OAオーシャンアタックという。格上の相手に対する対抗手段として知られている。最後の数分のみババスコを行い、シップ行きを目論むこと。これを利用してグラコロでイノチ稼ぎを行う。



スキルレベルの上げ方のコツ



モノガタリでもコロシアムでもスキルレベルをあげるとき、不要な武器や宝玉を使う。それはそれで間違っていないが、もしそういった「エサ」を節約しようと考えている場合は、次のことを行うと、幸運になれるかもしれない。

まず、大成功になるタイミングを見計らうことである。つまり、エサを使って強化するとき、大成功を狙う。具体的には、いつ大成功が出るかを予想して、エサを調整することで効率よくスキレベを上げていく。

やり方はいたって簡単。大成功が出ないと思ったらエサを1個か2個だけに抑えて、大成功が出ると思ったら20個使って強化するようにする。つまり、ギャンブルの原理と同じで、勝負に出るときは勝負に出て、出ないときは出ないように心がける。これを利用する。エサは有限であるから、必ず20個使うのではなく、要領よく使いわけていきたい



オーバーヒールについて

オーバーヒールとは

オーバーヒールは味方のHPが満タンの場合、および、回復量がHPを上回る場合にヒールすることを指す。主に回復する必要のない場合にヒールを行うことを指し、スコアアタックをするヒーラーに対して使われる。



メリット

オーバーヒールのメリットは以下のようになる。

  1. 万単位やクリティカルのダメージに対応しやすい。
  2. ヒーラーのモチベが上がる。

などある。状況を考えないぶん、小さいダメージが出た場合でも大きなダメージが出た場合でも、すぐにHPを回復できる。とにかく、ダメージ量なんか考えないから、瞬間的に画面をタップしてHPを回復することに長ける。その一方で、ヒーラーの欲求を満足させることができる。コロシアムの度に貢献度稼ぎを行うから、自己ベストなど出した時は確かに嬉しいし、モチベもあがる。このように、オーバーヒールはヒールの瞬発力とモチベ維持の効果がある

デメリット

これに対して、デメリットは以下のようになる。

  1. 相手の動きが読めない。
  2. 味方と連携が取れない。
  3. 無駄ヒールが増える。

敵の動きを見ていない状態では、いつ敵が武器を使おうとし、どれくらいのダメージが出るかわからない。そのため、ヒール後にすぐ攻撃されることの想定ができなかったり、連続攻撃で被ったダメージを吸収できなかったりする。たとえば、連続攻撃5000 * 2 = 10000のダメージに対して10000の回復で相殺できるものを、5000ダメうけて10000回復、そして、5000ダメうけて10000回復というように、2回回復して無駄にSPを使ってしまう。また、素殴り程度のダメージでも回復を行い、さらに労力を使ってしまう。味方との連携も同様、何もかも無視してヒールするため、味方のヒールのタイミングがわからなくなって、無駄な重複ヒールを連発してしまう

ヒールの感覚を失う

まだある。それはヒーラーにとって大事なヒールの感覚を失うことである。つまり、些細なことでも大きなことでも、なりふり構わず杖を使うため、どういったときにどのような攻撃をされたら回復が必要となるのか、状況判断ができなくなることである。ヒーラーは状況判断がとても大事であることは述べたが、オーバーヒールの感覚が習慣になっていると、コロシアムに必要な杖の本数も把握できない。そのため、負けた場合の原因を自分以外の方向に結びつけてしまう恐れがある。つまり、ジョブとしての立ち回りが全然できていないのに、「回復が足りない」など間違った分析を行い、装備の編成にも影響を出してしまう。このように、オーバーヒールはデメリットとなる要素が多い。

オーバーヒールが有効な場合

では、オーバーヒールがすべてだめかと言われれば、例外的に有効な場合がある。それは武器スロットの入れ替えのときである。入れ替えのときにかかる時間は長く、ヒールできない間隔が長くなるため、その間はシップ行きになる危険性が高まる。そのため、入れ替え前になったら、できるだけ早く(=かつ、慎重に)、杖を使ってスロットを回し、次の攻撃に備えた方がよい。多少無駄だなと思いながらも、敵の攻撃のタイミングを予想する。予想してシップ行きそうになりそうなら、武器スロット入れ替えをはやく行う。こういったときに、オーバーヒール(という名の武器回し)をして、シップ行きの可能性を低下させることが大事である。以上、オーバーヒールのメリットとデメリットについて述べた。



人魚姫の好きなジョブとは



好きな人魚姫のジョブを教えてください。
ここでいう「好き」というのはビジュアルでもなんでも構いません。
よろしければお願いいたします。

また、このアンケート以降にもジョブが追加されると思いますが、
とりあえずの現時点の状態を知りたいので、
締め切りは8/31にしています。

人魚姫の好きなジョブは?
  • ミンストレル 31%, 39
    39 31%
    すべての投票のうち39 票
  • クレリック 13%, 17
    17 13%
    すべての投票のうち17 票
  • 傲慢のブレイカー 12%, 15
    15 12%
    すべての投票のうち15 票
  • クラッシャー 10%, 13
    13 10%
    すべての投票のうち13 票
  • パラディン 9%, 11
    11 9%
    すべての投票のうち11 票
  • オルタナティブ(OL) 8%, 10
    10 8%
    すべての投票のうち10 票
  • ハーフナイトメア 5%, 6
    6 5%
    すべての投票のうち6 票
  • ポーチャーズ 5%, 6
    6 5%
    すべての投票のうち6 票
  • ガンナー 4%, 5
    5 4%
    すべての投票のうち5 票
  • ブレイカー 2%, 2
    2 2%
    すべての投票のうち2 票
  • ソーサラー 2%, 2
    2 2%
    すべての投票のうち2 票
全投票数: 126
2018年8月3日 - 2018年8月31日
投票は締め切られました。